Contemporary Japan 27, No. 1

Special issue: Body Concepts: Changing Discourses of the Body in Contemporary Japanese Society

Issue editor: Ulrich Heinze, Sainsbury Institute (University of East Anglia) and Louella Matsunaga (Oxford Brookes University) - Guest editors

Louella Matsunaga
pp. 1-11
Bodies in question: narrating the body in contemporary Japan

Aaron L. Miller
pp. 13-31
Foucauldian theory and the making of the Japanese sporting body

toggle abstract

International sporting competitions, such as the upcoming 2020 Tokyo Olympic Games, adhere to a nationalistic and triumphalist paradigm in which strength, victories, and medals are judged more important than anything else. Within this paradigm, what matters most is which sporting body can subdue another. National sporting consciousnesses often reflect this paradigm, and the case of Japan offers no exception. How do international power relations within such paradigms shape sporting bodies, national sports consciousnesses, and our knowledge of them? To answer this question, this paper applies the theory of Michel Foucault to a historical study of Japanese sports. By applying Foucault’s theory of power, especially his ideas of “bio-power” and the “productive” nature of “power relations,” we can better interpret historical shifts in the way Japanese have perceived their sporting bodies over time, especially the view that the Japanese sporting bodies are unique but inferior when compared with non-Japanese sporting bodies. International power relations and perceptions of cultural inferiority weigh heavy on Japanese sporting bodies. They produce certain behaviors, such as the action of toeing the line for one’s team, especially when that team is the nation, and certain discourses, such as the narrative that Japanese sporting bodies must train together to best play together.

Keywords: sporting body; nationalism; body nation; bio-power


2020年東京オリンピックのような国際的なスポーツ競技には、国家主義的、また、勝利やメダルを至上のものとする勝利主義のパラダイムがつきものであ る。このようなパラダイムにおいて何よりも重視されるのは、スポーツする身体が他を従えることが可能であるという点である。国家的なスポーツ意識は、多く の場合、このパラダイムを反映しており、日本も例外ではない。このようなパラダイムにおいて、どのようにして国際的な力関係は、スポーツする身体、国民の スポーツ意識、およびそれらの知識を形成するのであろうか。この問に答えるために、本稿ではミシェル·フーコーの理論を日本のスポーツの歴史的研究に用い る。フーコーの権力の理論、特に「バイオパワー」と「生産的」な「権力関係」の性質の概念を用いることで、日本人のスポーツする身体の認識、ことに、日本 のスポーツする身体は独特であり、日本以外の国と比べると劣るという認識の歴史的な転換の過程をよりよく解釈することができる。国際的な権力関係と、文化 的に劣るという認識が、日本人のスポーツする身体に重くのしかかっている。それが、特に、あたかも国家全体がチームとして捉える場合に、そのチームのため の義務を果たすというような行為、または、最善のチームプレイのために、トレーニングも共に行わなければならないという、ナラティブなディスコースも生み 出す。

キーワード: スポーツする身体、国家主義、身体国家、バイオパワー

Fusako Innami
pp. 34-52
Co-sleeping: engaging with the commodified dozing body in Kawabata, Yoshimoto, and Yamazaki

toggle abstract

This paper examines the shifting concept of the body in contemporary Japan through the phenomenon of “co-sleeping” (soine) services. It takes as examples Kawabata Yasunari’s 1961 novel House of the Sleeping Beauties (HSB), Yoshimoto Banana’s 1989 novel Asleep, and Yamazaki Sayaka’s 2008-2010 manga Shimashima. In HSB, the male protagonist sleeps together with girls who are unconscious, knocked out by sleeping pills, and touches them. He can only realize contact with sleeping girls without face-to-face encounters, posing the reader questions such as to what extent one can share one’s corporeality with another in sleeping, what kind of intimacy, desire, and love is involved in payable co-sleeping services, and what it means to engage with the sleeping otherness. Simon Williams and Eyal Ben-Ari have examined co-sleeping as a form of intimate communication. Yet, co-sleeping is a commercial service in HSB, Asleep, and in Shimashima, where the customer pays for sharing bodily warmth and touching another’s (almost unreachable) existence. Having witnessed the recent emergence of actual co-sleeping services in Tokyo and New York, this paper aims to advance literary research on the topic of co-sleeping services and explore the emerging concept of the commercialized sleeping body in contemporary Japanese society.

Keywords: co-sleeping; intimacy; love; touch; absence of consciousness; alterity


本稿は“添い寝”サービスを通して、現代日本における身体概念の変化について考察する。川端康成著『眠れる美女』(1961)、吉本ばなな著『白河夜船』 (1989、*2015年映画化)、山崎紗也夏の漫画『シマシマ』(2008-2010)を例として、批評理論等を取り入れながら検討する。『眠れる美 女』で、主人公の男性は睡眠薬によって眠らされた女性たちの身体に触れる。眠りを通してのみ他者の身体に触れる人間関係のあり方は、次のような疑問を読者 に投げかける−−どこまで身体性を共にできるのか、添い寝サービスにおいてどのような親密さ・欲望・愛が在り得るのか、そして眠る他者性と関わるとはどう いうことか。社会学や人類学の分野で添い寝は家族関係を主とした親密なコミュニケーションとして研究されてきたが、上記の3作品において添い寝は、他者に 触れ、身体の温もりをシェアすることを目的とした消費サービスとなっている。近年の東京とニューヨークにおける実際の添い寝サービスの出現を踏まえ、本稿 は初めて添い寝サービスを文学・文化研究の対象として取り扱い、現代日本社会における商用化された眠る身体について検討する。

キーワード: 添い寝、親密さ、愛、タッチ、意識の不在、他者性

Ronald Saladin
pp. 53-70
Between gyaru-o and sōshokukei danshi: body discourses in lifestyle magazines for young Japanese men

toggle abstract

This article investigates how two lifestyle magazines aimed at young Japanese men negotiate masculinity with regard to body discourses. Although both magazines incorporate discourses of outward appearance into their constructions of masculinities and thus show how gender discourses in general have changed, they significantly differ from each other as far as the idealized man is concerned. ChokiChoki mainly deals with health care, beauty, and the overall body physique. It heavily incorporates strategies into the discursive construction of masculinity that used to be understood as distinctly female. The magazine Men’s Egg focuses on body physique and the sexual act. It tends to idealize the muscular body and links it with sexual potency, which is one of the magazine’s main aspects of proving masculinity. While Men’s Egg targets gyaru-o (from English: ‘gal’) and relies on conduct that is strongly affiliated with hegemonic masculinity, the much stronger incorporation of once exclusively female practices by ChokiChoki constructs an ideal close to the sōshokukei danshi (‘herbivorous man’). Both magazines, while reproducing mechanisms of hegemonic masculinity, semantically expand the male habitus and body language.

Keywords: body discourses; gender; mass media; masculinity; lifestyle magazines


本稿では、日本の若い男性に向けの2つのライフスタイル誌が、男らしさをどう取りあつかっているかについて、身体に関するディスコースから研究するもので ある。両誌は、外見のディスコースを男らしさの構成に組み込んでおり、それゆえに、ジェンダーのディスコースが一般的にどのように変化したかを示している が、理想化された男性像に関しては、互いに大きく異なる。「ChokiChoki」は、主にヘルスケア、美容、そして身体全体を扱っている。そこでは、女 らしさとして明確に理解されてきたことが男らしさのディスコース構築の戦略として組み込まれている。一方、身体と性的行為に焦点を当てている「Men’s egg」は、筋肉質の体を理想化すると共に、それを男らしさを表す同誌の主要な側面の1つである性的能力にリンクさせる。「Men’s egg」のターゲットは、いわゆるギャル男であり、覇権的男性性に強く拠っているのに対して、「ChokiChoki」による女性的な慣例の取り込みは、 草食系男子に近い理想像を構築する。両誌とも、覇権的男性性のメカニズムを再構築しながら、意味論的に男性のハビトゥスや身体言語を拡張する。

キーワード: 身体のディスコース、ジェンダー、マスメディア、男らしさ、ライフスタイル誌

Dolores Martinez
p. 73-88
Bodies of future memories: the Japanese body in science fiction anime

toggle abstract

This paper analyzes the role of the fighting women in Japanese anime near the end of the twentieth century. It argues that these female heroes are not just shōjo (‘young girls’) who represent Japan the nation, nor are they mere projections of otaku desire, or token women included to attract female fans. Rather than that, I maintain that these female heroes are what could be described as “cyborg goddesses,” who offer an escape from the present’s dilemmas. An analysis of whom and what they are saving reveals a desire to return to an idealized Japanese past, while representing contemporary predicaments and concerns about the future. These heroes embody a form of “honorific individualism” (Ikegami 1995), based on a strong sense of individuality, and they have the potential to generate change by challenging the conformist status quo.

Keywords: anime; science fiction; shōjo; individualism; lost generation


本稿では、20世紀末の日本のアニメにおける戦う女性の役割を分析する。これらのヒロインたちは、ただ単に日本国家を代表する「少女」、また、単なるオタ ク欲望の投影、あるいは女性ファンを引き付けるための女性像ではないことを示すものである。むしろそれよりも、これらのヒロインたちが今日的なジレンマか らの逃避を提供する「サイボーグ女神」として表現されると考える。彼女たちが誰もしくは何を救済しているのかという分析からは、現代の苦境と将来への懸念 を表しつつ、理想化された日本の過去に戻りたいという願望が暗示される。これらのヒロインたちは、強い個性に基づき、「名誉ある個人主義」 (Ikegami 1995)を具現化する。そして、彼らは現状への順応主義に挑戦することで、変化を生成する可能性がある。

キーワード:: アニメ、SF、少女、個人主義、ロストジェネレーション